AGA治療のリスク    |    AGA治療広島.com

トップ    >    AGA治療のリスク

AGA治療のリスク

治療薬によるAGA治療であれば、リスクは限りなく低い

AGAには治療にリスクがあるのか?と聞かれると、NOと答えることが出来ます。 特別危険な治療をすることもありませんし、内服薬を飲むだけ、または外用薬を使うだけなので、用量用法を守っていれば問題ないと言えるんです。

ただ、プロペシアなどは肝臓に負担をかけるという副作用があります。 リスクと言えばそれくらいではないでしょうかね。 病院でしっかり定期的に検査をしてもらってさえいれば、安全な治療法だと言えます。

なので、AGA治療をしようかどうか迷っている人は、今すぐにでも始めてください! 早いうちのほうが効果が出やすいですから、お金もそれほどかからなくて済みますよ。

大体のAGA治療で用いられる薬はプロペシアと呼ばれる飲み薬です。 1ヶ月にかかる費用は診察も含め月に1万円ちょっとと言われています。 これを何年も続けることになるので、費用の面ではリスクが高いなと感じる人も多いかもしれないですね。

リスクとしてあげられるプロペシアなどの内服薬の副作用としては性障害や肝臓の障害があげられます。 しかし現在のところ重篤な副作用は報告されていませんから、安心して飲むことが出来る薬とされています。

それよりも安く済ませたいからといって個人輸入でプロペシアやミノキシジルなどを購入するほうがよっぽど危険ですよ。 全て自己責任ですし、正規品でない場合もあります。

コストはかかりますが、安全安心にAGA治療したいのであれば、やはり良心的なクリニックに通うことが一番ということになります。