AGAの治療薬一覧    |    AGA治療広島.com

トップ    >    AGAの治療薬一覧

AGAの治療薬一覧

フィナステリド・ミノキシジルと、そのジェネリック医薬品たち

AGAの治療薬として最も有名なのがフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルと呼ばれる薬です。

フィナステリドは内服薬として、ミノキシジルは塗布剤とタブレット(内服)があります。 これ以外にもジェネリック医薬品としてたくさんのAGA治療薬が増えているそうです。

私の時代にはフィナステリドかミノキシジルかの2択だったので、時代は変わったなという感じがしますね。 まず代表的なこの2つの薬の特徴から説明しましょう。

ミノキシジルはもともと高血圧の患者に使われていた薬で、副作用として多毛症という症状が現れたため、薄毛治療に用いられるようになった薬です。 血管拡張作用があるので、血流が頭皮に充分届いてくれるため、酸素や栄養分が毛根まで深く浸透してくれる役割を持っています。

フィナステリドは5αリダクターゼと呼ばれるAGAの原因とも言える酵素に働きかけることが出来ます。 薄毛を体内から抑制することによりAGAの治療に繋がっているんですよ。

その他、調べてみたところ、色々なジェネリック医薬品が見つかりました。

フィナステリド系なら、エフペシア、フィナロ、フォナバヅロ、ハリフィン、プロスカーというように、 プロペシアと同等の成分を持ちながらも薬価は安く手に入りやすい薬であることは間違いありません。

ミノキシジルではロゲインやカークランド、ジェンヘアーなど塗布剤としてジェネリックが販売されています。 こちらも低価格で同じレベルの治療を続けることが出来るので大変人気があります。

しかしこれらのジェネリック医薬品は個人輸入が最も手早く、人気があります。 しかし責任も自己責任になりますから、選択する際はやはり医師に相談することが一番だと思われます。

それにしてもジェネリック医薬品が増えたなぁという感想を持ってしまいます。 プロペシア、ミノキシジル以外の選択肢がこれほどあるなら、何がいいかもちょっと迷ってしまいますね。